第2回京大&東大即応オープン反省会、やるよ

ども、Lunakfgです。即応オープン返ってきました。

 

ざっくりと得点開示と感想を

左が京大オープン、右が東大オープン、括弧付きで得点率です。

 

国語 41(41.0%)  30(37.5%)

数学 96(48.0%)  15(12.5%)

英語 50(33.3%)  58(48.3%)

理科 96(48.0%)  55(45.8%)

合計 283(43.5%)  158(35.9%)

判定 B     D

 

各教科の大問内訳を比較しても特に共通点がありません。コメントに困る…強いていえば英作文が取れてません。

京大に関しては、数学では完答すべき大問を取りきれていないことと、化学の構造決定がほとんど取れていない所が目に付きました。

東大に関しては、明らかに数学がとれてません。総じて得点率が五割を下回っているので、得点力不足は特定の教科だけって訳でもありませんが。微分と座標平面の大問は取り問だったので、ものの見事に取り損ねました。確率の問題はケアレスミスかなと思いますが、解答欄のサイズに対する思い描いていた解答の分量が多すぎるので、解答の圧縮も必要です。

物理は電磁気が全く出来ませんでした。頻出なので改善しないと。化学は全体的に点が少ない感じです。

国語は古典中心で攻める必要がありそうです。現代文難しいです。

面白かったのは英語ですね。白紙解答が多かったですが、しっかり答えた大問はことごとく平均をがっつり上回っていました。全問摘まみ食いしたほうが総得点は伸びるだろうし、解答をより速くすることも意識しますが、今の正答率も維持していきたいです。あとリスニング良かったです。

 

今後の方策

どの教科もひとまずはセンターに向かってやっていきます。赤本を回した後は二次対策へ移ります。出来具合によってセンター対策を続行するやもしれませんが、二次のが配点がデカいので二次に重きを置きたいと思ってます。

国語は、問題解きつつ、古語や漢文の句法を押さえていく感じで。

数学は、赤本の演習に移る前に一冊やった方がいい気もします。何をやるかは未定です。

理科は、電磁気と無機の対策を中心に。電磁気は傍用に戻るのもありかなと思ってます。急がば回れです。無機の知識を纏め直す時間も必要ですね。課程が色々と変わっているので、センターの過去問をどこまでやるか…悩ましい教科です。

英語は、センター25年分がっつりやりまして、その後は長文中心に語彙を増やすのと両刀で進めます。あと英作文。客観四択の文法問題もセンターに向けてやっていきます。

 

実戦よりオープンの方が

解説が分かりやすいです。Z会共催のお陰でフォローアップ添削がついてきたり、映像解説があったり、おまけがついてきます。再び大学別模試を受けることになったら、迷わず即応オープンにするでしょう。笑

 

最後に

河合塾から、勉強法を一考せよと言われましたので、ここに書いてあることからまだ変わっていくかもしれませんが、本番に向けてまだ頑張っていく所存です。心折れそうになることもありますが、割と本気で東大に行きたいと思い始めたので、決まり文句ではありますが、大学生活を想像しつつ自分を鼓舞していきます。

 

 

 

それでは、また次回作、お会いしましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。