第3回全統記述模試反省会、やるよ。

どうも、Lunakfgです。ご無沙汰しております。

 

今回は、全統記述の反省会となっております。

 

英語(147/200)

全体的には満足の出来だったと思います。ただし、リスニング(6/15)は良くなかったです。ブレが大きい分野です。安定して点をとれるように、英語を聴く習慣をつけたい。英作文(33/45)はよい感じ。ただ、時間をかけて解いたので当然とも言えます。実際は20分で60~80語の文章を2つ書かねばならず、時間との闘いになります。速く構想をたて、書ききれるように練習しなければ。

 

数学(177/200)

問題の難易度を鑑みると、もう少し欲しかった。計算で点を落とさないように、一つずつ丁寧に解く。選択しなかった複素数の問題も、解けるようにならないといけません。よく出題されるみたいなので。

 

国語(97/200)

現代文(34/100)が物足りない。もっと全体を俯瞰して読むように意識する。傍線部の前後しか見えていないので要素が全然たりない解答になっていました。さらに、全体から対比や言い換えを見抜くこと、比較している事象の類似点と相違点を意識しつつ読み進めることも重要だと感じました。あとは演習で感覚を掴んでいくだけです。古典は、単語と句法をもうちょっと復習することから始めます。読み進めるときの注意点は、人物が行動を起こすに至るまでの心理変化を掴むのが大切だと感じました。傍線部前後の訳だけだと解答として不十分になる設問もありますから。

ちなみに、今回は小説が出てません。小説も同じく苦手なので別で対策をねらねば。

 

物理(51/100)

波動(3/33)が壊滅しました。波の回折をそもそも理解できていませんでした。基本事項から見直します。他分野はよい感じ。使うべき文字を間違えて点を引かれたところがあるので、隅々まで問題文を読む癖をつけます。

 

化学(79/100)

良い。計算ミスで三カ所ほど点を落としているので注意が必要です。また、金属イオンの知識に穴が残っているのでそこを埋めます。

 

総評

とにかく、取れる問題を落とさないことが重要だと再確認しました。計算やメモは問題用紙の余白と相談しつつ、出来るだけ整然と書く。乱雑な計算で点を落とさないように、普段から細心の注意を払って演習に取り組むのが大事だと感じました。

 

 

といった感じで第3回全統記述模試反省会は終了です。次の反省会はオープン模試かな。

次回の記事でまたお会いしましょう。