第1回京大実戦反省会、やるよ

どうも、Lunakfgです。最近買ったSawanoHiroyuki[nZk]の2V-ALKが名盤でウハウハです。

本題に入ります。

 

京大実戦が返ってきた

結果はそこそこ。自信にもなるし、気を引き締め直すきっかけにもなりました。少なくとも東大実戦が返ってきたときよりも良い精神状態です。(東大実戦の反省会はこちら第1回東大実戦反省会、やるよ。 - おだべりをしましょう

それでは結果です。工学部型の配点換算です。

国語 30/100

英語 57.3/200

数学 102.5/250

物理 101.3/125

化学 60/125

計 351/800

 

判定は工学部建築がB、情報がCでした。以前のマーク模試どドッキングすると共にB判定でした。

 

本番までに何をどれだけ伸ばすか

京都大の工学部建築の合格最低点は大方600点、合格平均点は大方630点程でした。

私が京都大に出願する判断ラインは、センター試験で地理80点、英語圧縮後が180点、国語が180点です。となると、京都大のセンター試験配点に則ると170/200点となります。

つまり多めに見積もって二次試験で450~480点必要になります。

翻って今回の私の合計点は351点です。つまり、後100~130点伸ばす必要があります。また、本模試の難易度は幾ばくか本番よりは易しいと考えられるので、実際にはさらに多くの加点が必要と思われます。

という訳で、加点プランどん!!

国語 +20

英語 +30

数学 +50

物理 +0

化学 +30

計 +130

このプランを如何にして実現するのか。反省していきます。といっても、東大のときとあんまり変わらないんですけどね。

 

やっぱり最大の弱点、国語

東大の時と一緒です。現代文は、どこを書き出すか、過不足なく掴む力が足りていません。また、古文は逐語訳をしっかりやる癖をつけないといけません。大まかに話を掴みつつも、細部まで気を配るようにします。

 問題演習で力が伸びるとは思いますが、数こなすことに意識が向きすぎないように、解答を作る過程にもこだわって演習していきます。

 

得点源になってほしい、数学

一完二半でしたが、本番では三完二半、可能なら四完一半くらい取って得点源になって欲しいです。

問題そのものは別段難しくは無さそうです。難しいと感じるのは、数学的な知識や演算が難しいのではなく、解答の道筋が見えないからだと思いました。

解答を作るためにどの数値が欲しいのか、どの命題を示したいのかを読み取って、闇雲な式変形を無くしていきます。

計算ミスも命取りになります。やらかしがちなので注意しないと。

 

実は国語よりもヤバいかも、英語

 苦手意識は国語の方があるのですが、得点率、偏差値ともに英語の方が低いです。実はこっちの方が弱点なのかもしれません。

京都大の英語の問題形式が変わっていることは有名ですが、求められている能力は別段変わっているわけではなさそうです。日本語と英語の行き来のみです。

和訳は、不足している要素や単語が無いかに注意しないと行けません。文中にある単語が現れているのは、筆者の何らかの意図があるわけで、そのニュアンスを全て拾って日本語に起こすのが和訳ですよね。かといって、逐語訳に引っ張られ過ぎて文意を見失うことのないようにしないと。

英訳や英作文は極力簡単な単語で構成するようにする。和訳同様に不足のないようにすることも大事です。会話文英作の場合は、前後の繋がりに、条件付き英作では、何を書くように求められているかに気を配るように。

全体として、やっぱり単語の知識が足りてないと思いました。

 

現在のエース、物理

何の文句もありません。満足しています。問題形式が、誘導主体なのでよく読めば大して困ることもないと言えます。ただし、波動と原子分野からの出題が無かったので、そこはカバーしておきます。また、これだけ極端に高いとまぐれ当たりも考えられるので、浮き足立つことのないようにします。

 

知識不足が否めない、化学

有機分野の構造決定が兎に角弱い。与えられた条件を整理して解く練習を積まねば。

問題中の物理量と、求める物理量のどれとどれが等しい、あるいは整数倍になっているか、を見抜けていないようです。

また、新しい概念や情報が与えられている場合、解答に必要な情報は問題文に殆どがあるのだ、よく読むように。

 

総評 

当たり前ですが、入試で満点は取れませんから、取れる問題を確実に取り切るように。あれこれ欲張ってもいいことないですし。また、どの科目も、別段突飛なことは求められてはいないようです。地道に積み重ねていくのみです。東大京大ともに小手先のテクニックは通用しないでしょうし、勉強法の区別の必要が無さそうであることが確認出来ました。

 

とはいえ、それなりに良い判定も取れましたし、必要以上の焦りはなくなりました。それでも、あくまでも第一志望は東京。逃げないでもうちょいだけ頑張ります。

 

それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

 

 

p.s.

澤野さんのアルバムはほんとに名盤です。良い買い物したぜ(・∀・)