算数って数学なの?

どうも、Lunakfgです。書いていきます。

 

久しぶりに見ましたよ、小学校の算数にイチャモン付けるツイート。言ってる側はイチャモンのつもりは無いんでしょうが、リプライの応酬や引用リツイート見ると、どうも双方噛み合っていない。(#超算数 で検索かけたらやり取りが見れます)

 

何でかって考えると、恐らく双方の前提が一致してないように思います。

 

先に具体例を少し紹介しますね。

みかんが3つ入った籠が4つある時のみかんの総数を求める問題で、総数は3×4個なのか4×3個なのかという感じです。

 

現場では3×4個のみが正答とされているようで、それに数学やってる人たちが噛みついています。

 

双方の言い分は、実際にツイート見てもらって確認して頂きたいのですが、少し紹介しましょう。

 

ざっくりと言えば、擁護派は、算数は実際に計算出来るように指導するのが大事なんや!否定派は、数学的に正しいことを不正解とするなんてけしからん!って感じです。

その他にも言い分は色々あるらしいですが、私の要約能力不足で上手く言えません。ごめんなさい。

 

ここで、前提の話に戻りましょう。私が思うに、算数は数学の一部であるかどうかがずれているように思います。

 

 

算数と数学は別物だ、と考えれば擁護派の主張もわからなくはありません。

実際に計算するには交換法則なくてもいいですし、正解を一つに絞ってしまえば指導やテストの添削も楽チンでしょうし。数学的な正しさなんぞ知ったこっちゃない、って感じでしょうか。

 

 

逆に、算数は数学の一部だ、と考えれば否定派の主張はそのまま通るでしょう。数学的正しさを否定してしまえば、もはやそれが何の学問なのか分からなくなりますから。数学的な正しさは、たとえ授業で取り扱っていないことでも、尊重されるべきだし、教師の一存でその正しさを歪めることは出来ませんよね。

 

 

という感じで、根本的な認識が異なるまま話をしては、このまま何の進捗もみられないのでは?と考えてます。

 

 

 

で、ついでに私の個人的な意見も述べますね。

 

私は専ら否定派です。算数は数学の一部だと考えています。乗法の習得開始の時点で、掛ける順番を意識して指導するのは構わないでしょう。むしろそれなしで指導するってめっちゃつらそう。しかしながら、九九表とか眺めていて交換法則に気付いた子を否定するのは、良くないと思います。なんら間違いでないことを、あたかも間違いであるかに指導する必要が、そもそもないと思います。寧ろよく気づいたな!って話を膨らましていくほうが良いでしょう。ただ、減法と除法は交換法則を満たさないので、なんでも順番をひっくり返してもいい、と勘違いしないように指導するのは大切だと思います。

後、義務教育内で算数と数学を接続しないといけないので、算数と数学の基礎を一致させる方が生徒にとって良いと思います。

「算数ではダメだけど、数学でならいいのよ」とか言われても、は?ってなりそうですしね。小学6年間強制されたことを、中学入っていきなり否定されるのは酷でしょう。

 

以上が私の言い分です。教育って国の未来への投資って言われてますし、ちゃんと考えようって思いました。私はもう二度と義務教育は受けませんがね。

 

 

 

それでは今回はここまでとします。また次回の記事でお会いしましょう。