学校じゃ教えてくれない英語の捉え方 実践編

数学の過去問が全く解けず、リアルに半泣きになってました。Lunakfgです。

切り替えて、今日も書いていきます。

 

lunakfg.hatenablog.com

 先日の記事で私の思う英語の捉え方についてお話しました。

その後、ある方に、実際の英文の読み方についてアドバイスを求められましたので、考えがまとまったため、改めて実践編として記事にしていきます。

 

 

 

まずは前回のおさらいを含め、多読の目的を整理しましょう。

目的は英語に慣れることです。慣れることにより、英語をより速く正確に読み、書けるようになります。また、英語学習のストレスを軽減できます。聴くこと話すことに対する影響の大きさはわかりかねます。

ここで注意していただきたいことは、多読によって、解答能力の劇的な向上は必ずしも起こらないということです。

これらの目的と注意点をご理解の上で読み進めてください。

 

 

 

 

日本語との構造上の差異を強く意識する

英語において後置修飾は当たり前です。また、五文型によって文の意味が決まるということも当然です。このように、英語には英語の「当たり前」が、日本語には日本語の「当たり前」が存在します。日本語の感覚のまま英文に挑戦すると、後ろに戻って被修飾語を探してしまうようになります。英文を読むときは頭を英語モードに切り替えましょう。

具体的に意識することは、挙げればきりがありませんが、上の二つが最重要と言えるでしょう。文型が確定したところで文の持つ意味の大枠を捉えること、名詞に対して後置修飾がくるものだ、と意識して読むこと、の二つです。

 

 

訳をしない

英文の訳をしながら読み進めるのではなく、英文の意味を取りながら読み進めましょう。訳をすることは、英文を日本語によって理解することであり、英語に慣れることとは異なります。英語を英語のまま理解するように努めましょう。

 

ここで誤解されやすい要素があります。これは今回の目的に合わない方法ですので注意してください。

それは、「前から訳す」というものです。前回の記事で述べた通り、訳と意味は異なるものですので、英文を「前から読む」ことと「前から訳す」ことは全く同一視できません。上にあるように、いくら前から細切れにしたところで、訳している時点で日本語によって英文を理解していることに変わりはありません。注意しましょう。

 

 

ペンを使わない

あまり詳しくはありませんが、主語やらなんちゃら節やらに下線を引いたり、括弧をつけたりする手法があるようです。俗に言う精読のテクニックというやつでしょうか。ですが、これは今回の目的には合いません。

我々が日本語文を読むときに、括弧をつけて、線を引いて読みますか?読みませんね。英語も同じです。変な癖付けにつながりかねませんので、止めときましょう。

 

 

無意識下での最高速で読む

こちらは速読ですかね。速さに意識を向けないでください。速めようとすることもゆっくりしようとすることも御法度です。意識すべきは意味取りのみです。読む速さは、意味取りの能力に付随してくるものと考えましょう。

当然、パラグラフリーディングとかも禁止ですよ。目的から大きく外れます。

 

 

 

 

 

最後に

ここまで読んでくださった方、もう一度冒頭にある目的のところを読んできていただけますか。ありがとうございました。

というのも、前回も同じように言ったのですが、この手法はあくまで英語に慣れ、英語を理解する力を底上げするものでしかないのです。これをやれば入試で八割間違いなし!みたいな万能薬ではありません。入試においては様々な問題形式がありますから、それぞれに対応した練習、対策をとる必要があります。そのため、今回否定したテクニックは問題解答には役に立つ可能性が大いにあります。

目的を把握し、そのための適切な手段をとりましょう。間違った方向の努力はいつまでも望んだ結果を連れて来てはくれません。

皆さんの正しい努力の手助けになれればと思います。

 

今回の記事について何かご質問ありましたら、コメントまたはTwitterアカウント(@odaberisan)へのDMで受け付けます。答えられる範囲でお答えします。

 

 

 

 

 

 

それでは今回はここまで。

最後まで読んでくれてありがとう!!

次回の記事でお会いしましょう、Bye!!

 

 

 

 

 

p.s.

冒頭の数学の話ほんとです。笑

模範解答に書いてあることがことごとく私の発想と違うんですよね、どうすればいいのやら。(;´д`)トホホ