1日で化学重要問題集はどんだけ解けるのか

 

化学重要問題集ー化学基礎・化学 2017

化学重要問題集ー化学基礎・化学 2017

 

 

 

化学の大学入試用問題集の王様は多分コイツでしょう。個人的に表紙が好みでないので、学校で配られたときはがっかりもしましたが。

 


それはさて置き、夏課題としてこの「重問」の問題番号が三の倍数の問題を249番まで83問やって来いと言われたので、1日化学漬けにしたらどれくらい進むのか、試してみました。

 

 


所要時間は約12時間。飯食ってる以外ずっとって感じ。長かった...


f:id:Lunakfg:20170717124140j:image


やってみた手応えとしては、とにかくしんどい。巷では「最低でも三周しろ」みたいなことが言われていますが、辛すぎです。今回解いたのが83問で、全体の問題数が275問なので、三周にかかる時間は単純に計算して、約120時間。分量的な辛さがあります。周回用と言えるのか、甚だ疑問です。

 

良かった点としては、色んな問題が載っているので、苦手の洗い出しに使えたというところです。(平衡と無機はマジで訳わからんかった...)ただ、費用対効果が良いとは思えません。

 

 

 

私はもう重問の周回プレイには挑戦しないと思います。それぞれの分野ごとの問題数は多いので、平衡や無機とかの各分野の強化のために使うつもりです。

 

 


問題慣れするために全分野をざっと流したい人はもっと問題量の少ないやつ、(100問くらいが丁度良いのかな?)を探して周回すると良いんでないでしょうか。


以上、化学重問30%チャレンジの感想でした。

 

最後まで読んでくれてありがとう!! Bye!!

 

 

 

p.s.周回時間の計算はやっといた方がいいでしょう。チャート式を完璧にするのが如何に無謀かがわかると思います。